【MENU内】お好みのカテゴリーをブックマークが便利!最新順になってます!

【ZBrushでシルバーリング】 サイズのベース作り方

こんにちは!

クリエイターT(@Creator_Tweet)です。プロフィールはこちら

「指輪を作りたいんだけどサイズはどうしたらいいんだろう」
「ベースの作り方を知りたい」

といった方に向けてお伝えしていきます。

本記事の内容

●シリンダーを使い、各サイズに合わせる
●一回実寸にし、そのまま進めると大きいのでユニファイする
●全部の作成が終わったら、デシメーションして3Dプリントハブで出力、その際は必ず「サイズ比率を更新」する

それでは順を追って説明していきます。

ZBrushでリングサイズのベースをつくるにはまずシリンダーを用意

シリンダー3D

▲まずシリンダー3Dを用意し、ツール>ポリメッシュ3D化 しておきます。
 
▲ 向きは右上のモアイ像みたいなのを参考に、向きを変えてください。
モアイ像のてっぺん側、TOP方向はリングのデザインをする方です。
この番号の通りにいきます

1.プラグイン>スケールマスター の印のところに希望のリングサイズの値をいれます。
このとき右の方にあるRが点灯しているのを確認します(Y方向も大きくなってほしいため)。
今回は#13にしたいので、17mm。

▼リングサイズについてはこちらの表を作ったので、一番右の直径のところを参照してください。

関連記事

こんにちは! ジュエリー職人のクリエイターT(@Creator_Tweet)です。プロフィールはこちら 「日本の指輪のサイズは海外のアメリカやヨーロッパだと、どのくらいのサイズになるんだろう?」●アメリカサイズを基本にして日本の[…]

2.17をいれてエンター、>サブツールをリサイズ でいったん、実際のサイズにします。
すると▼

▲ZBrushの基本サイズの2unitから
▲実際の大きさなビックに

3.そしてZBrushスケールにユニファイ を押して、ユニファイします。
これをやらないと扱いにくくてスカルプトがうまくいきません。

▲便宜的に並べましたが、
左の図はユニファイ前、サイズが約17になってます。
右の図はユニファイ後、ZBrushの基本のサイズの2になり、
エクスポートする時にはスケールするよ(約8.5を掛けるよって)なってます。
2×8.5=17で元通り。

これをベースにいろいろスカルプトする

この基本のシリンダーは拡大縮小しないで、これを目安に作ると良いと思います。

●マスキングしてサブツール>抽出 してシンプルなリングとか。
色々ためしたら、厚さは0.117で実寸で1mmになりました!

●Zmodelerで巻いてみたり

●塊を作ってブール差もありですね!

出力時

デシメーションマスター

デシメーションマスターでポリゴン数はお好みで減らしておくと良いと思います。

3Dプリントハブ

mmの場合右上をクリック。

サイズ比率の更新 のところを押してから、STLやOBJにエクスポートします!

3Dプリントハブ経由の場合は必ずサイズ比率の更新しないとサイズが変になります。

さいごに

ざっとした流れはこんな感じかなと思います。

とにかく実寸で詰めていかなきゃいけないのが厄介ですね。

それでは、ご参考になったら嬉しいです!

最新情報をチェックしよう!
>クリエイターT Youtubeで配信中!

クリエイターT Youtubeで配信中!

くだらない、コンピュータ上で彫刻したものなどをアップしてます

CTR IMG