【MENU内】お好みのカテゴリーをブックマークが便利!最新順になってます!

ライノセラス⇔ZBrush 間のデータの受け渡しについて

T
こんにちは!

クリエイターT(@Creator_Tweet)です。プロフィールはこちら

ライノセラスとZBrush間のデータの受け渡しについてお伝えしたいと思います。

ライノセラスからZBrushへ

objファイルじゃなくてSTLファイルで出力

▲objファイルでZBrushに持ってきた後、ダイナメッシュするとこんな感じになります。

謎のポリグループ分けがされてしまいます。

objで持ってきても良いのですが、自動グループなどでグループし直すのも面倒ですしSTLで持ってきた方が良いと思います。

STLファイルで持ってきてダイナメッシュしても普通に綺麗なポリグループになっています
また、STLはそのままディバイドしてもいけますがobjファイルだと割れて⁉いきます。
頂点結合をやっておくと割れないでいけますが。
これもやはり二度手間ですもんね。

ついでにお話しするとマーベラスデザイナーからZBrushに持ってくるとき、頂点結合すると良いですよ!
繋がります。

ZBrushからライノセラスへ

下準備をしてからライノに飛ばします。

1.デシメーションマスター

Zプラグイン>デシメーションマスター>現在のサブツールをプリプロセス>デシメーション率をいじる

だいたい1万ポリゴン台まで落とす感じでしょうか。
ポリゴン数によると思いますが8%くらいとか。
パソコンスペックにもよりますがライノセラスに持って行ったとき、あまりにも重かったらここで値を調整します。

2.3Dプリントハブ

Zプラグイン>3Dプリントハブ でサイズ比率の更新をします。
ZBrushに持ってくると必ず小さくなっています。
なので元に戻す感じです。

▲押すとこんなんがでてくるので、だいたい右上をクリック

その後、またZプラグイン>3Dプリントハブ
STLかobjでお好みで出力します。

ZBrushで作業中ユニファイをすると、この工程はうまくいきません。

さいごに

3D系の師匠が言ってましたが、ライノセラスとZBrushはイラストレーターとフォトショップくらいの違いがあると言ってました。
なるほど!って思いました。

使ってみて実感する部分もあるのですが、ベクターとラスターの違いって感じで、そのまま当てはまると思います。

コメ男子
受け渡しがやっとうまくいきました!
キャプテン・グランマ
色々試すしかないね~

created by Rinker
¥4,180 (2019/11/22 08:22:03時点 楽天市場調べ-詳細)

最新情報をチェックしよう!
>「お笑い彫刻チャンネル」Youtubeで配信中!

「お笑い彫刻チャンネル」Youtubeで配信中!

くだらない、コンピュータ上で彫刻したものをアップしていきます!

TRY!
隠れ猫探し

CTR IMG